top of page
  • 株式会社川田硝子

「内窓」で寒さ対策

日中はまだ少し暑さが残っているものの、朝晩はずいぶん涼しくなりました。

これから秋が深まり、一歩ずつ冬に近づいていく時に考えたいのが【寒さ対策】です。

今回は【窓】で出来る【寒さ対策】のご提案です。


それは『内窓』を設置すること。

○『内窓』とは・・・

文字通り、今ある窓の内側に取り付ける窓のことです。

(株)LIXILのインプラスやYKK AP(株)のプラマードUなどがそれに当たります。




※画像は(株)LIXILより



『内窓』を取り付けることが【寒さ対策】になる理由・・・

今ある窓と内窓との間に空気の層が生まれ、室内の暖かい空気が外に逃げ出すことを防ぎます。

さらに、『内窓』のフレームは樹脂でできています(インプラス・プラマードU)。

樹脂はアルミに比べて断熱性が高いので、暖かい空気の流出を防ぎ、外の冷気を室内に伝えにくい

という特徴があるのです。


【寒さ対策】以外のメリット

『内窓』を取り付けるメリットは、他にもあります。※下の画像は(株)LIXILより


①結露の軽減

 『内窓』を取り付けることにより外気温の影響を受けにくくなるので、結露の発生を大幅に減らすことができます。


②遮音効果

  今ある窓と『内窓』との間にできる空気層は防音壁のような役割も果たしてくれます。

家の外を走る車やバイクの音がうるさい、家の中のペットの鳴き声やピアノの音がご近所迷惑にならないか心配など、音に対するお困りごとがかなり軽減されます。


③経済効果

  室内の暖かい空気を逃がさない、外の冷たい空気を室内に入れない

⇒暖房効率が上がる⇒暖房費の節約になる!!


こうして書き出してみると、筆者自身、『内窓』の様々なメリットを再認識できました。

なんだか、いろいろな意味でお得感があるなぁと改めて感じ入りました。(笑)

ちなみに、上記で述べた断熱性は、夏にも威力を発揮します!

外の熱気を室内に伝えにくい、室内の冷房で冷えた空気を外に逃がさない!

冬は暖かく夏は涼しいお住まいが実現するのです。


『内窓』の種類やカラーバリエーションは、各メーカー豊富に取り揃えております。

『内窓』に入れるガラスの種類も、一枚ガラスから複層Low-Eガラスまでたくさんあるので、どれを選んだらいいのか迷ってしまう!という方もおられると思います。

そんな時は、ぜひ当社にご相談下さい。ご要望とご予算に合ったご提案をさせていただきます。





  


 

※写真は(株)LIXILより

Comments


bottom of page